藤沢、湘南のヘアサロン 美容室 ココファザー


  home about what gallery? menu staff salon contact access blog


──── どうして『ギャラリー』? ────

ヘアサロンをヘアギャラリーと名付けた理由についてお話しします。




美容室の施術時間は平均で1時間半くらいは掛かります。
そこで長い時間を心地よく安心して過ごせる空間創りをテーマとして美容室の内装を創りました。
窓の外には大きな空、壁には緑を配し、内装の壁や床、机には紙、木、そして漆を用い、自然素材に溢れた屋内です。
内装の工事には伝統工芸職人さん達の匠の技と知がふんだんに使われ、時が過ぎ使いこむ程に味が出るサロンとなりました。


伝統工芸の職人さん達の作品は
無垢の一枚木カウンター
優しい手触りぬくもりを感じながら向かい合ってお客様とスタイルを一緒に考えます。
藤沢、湘南美容室ココファザー店内
藤沢、湘南へアサロンココファザー店内
床には板の上に貼った麻素材に漆を塗って
一日立ってても、脚が疲れない!数百年前のお寺や高貴な館に使われた、この素材は本当に丈夫で味があります。

壁は紙に白漆
日本から世界に漆の技を伝えられている巨匠が、珍しい白色の漆をミャンマーから持ち帰った竹から作った紙に塗って作って頂きました。
漆紙を壁一面に貼って頂いたのは、江戸襖職人です。こちらに依頼をしないと貼ることができなかったのです。
職人さんご本人も初めての体験で素晴らしい経験をさせて頂いたと感銘されていました。

この壁は四季によって色が変化し自然素材の素晴らしさを教えてくれます。
また、冬場の結露にもこの壁紙は湿気を吸い込んでくれるので、結露のまったく無い状態を維持できるのです。先人達の経験と知恵には頭が下がるばかりです。

日本の芸術の特徴の一つは用と美というのがあります。
お茶碗などに代表されるもので、使う用途と芸術的な美が兼ね備わっているのです。

このサロンがギャラリーサロンであるという意味がここにあります。
伝統工芸の職人さん達が作り上げた作品で出来上がったサロンという事です。

そして、自然な素材で作られた作品達は一つの波長を出すように感じます。
良く言われる森林浴のような効果です。

すごく疲れた時などに森の中に入って風を感じ、光を感じ、鳥のさえずりや、木々の葉が擦れる音を聞いていると
それまでの疲れが癒されていく。
藤沢ヘアサロンココファザー店内壁
藤沢、湘南ヘアサロンココファザー店内装飾

ココファザーに来ていただいたお客様にはヘアーサロンとしてヘアカットなどをしていただくのと同時に、こんな空間で少し心地よくなっていただけたらと思っています。

生きた自然素材空間の中で同調しながら、四季を感じながら、美容師としても技術感性を共有したお仕事をお客様に提供させて頂きます。




また、ギャラリーという今日使われている意味通りの使い方も
サロンを創った当初から考えており、ワークショップや展示なども催す事ができます。
今後はこの方面においても今まで以上に力を入れていこうと考えています。
(こちらの詳細に関しましてはサロンのページに詳しく)




藤沢、湘南の美容室(ヘアサロン) Hair Gallery CoCoFather (ココファザー)
251-0024 神奈川県藤沢市鵠沼橘1-17-13 THE FUJISAWA BUILD 6F
定休日 毎週火曜日 第三月曜日 OPEN09:30 CLOSE19:30
TEL 0466-55-3877

copylight(C)Hair Gallery CoCoFather All Rights Reserved.